TOP > 砂漠緑化 > 砂漠緑化の解決方法

砂漠緑化の解決方法

砂漠緑化の解決方法は

砂漠緑化するのに重要なのが、風などで流動化した砂を移動させないように固定することです。中国には砂を固定するための草方格という技術があり、木々の枝などを地面へ差し込んで、植物の根の役割をさせて砂の移動を抑制させます。この草方格の中に、低木や多年草などの植物を植栽し、数年たてば植物が成長し、しっかりと根をはって、砂を固定することができます。

こうしたサイクルを、ずっと続けていくことで、砂漠緑化の範囲は広まっていき、砂漠化を食い止めることができます。こうした活動を日本は、積極的に行い中国や砂漠化に悩んでいる国に対し、援助を行っています。

砂漠緑化で生じる問題って?

砂漠緑化が日本をはじめ、沢山の国で進められていますが、実は砂漠にも問題があったりするのです。それは砂漠には砂漠の生態系があり、逆にいうと砂漠でしか生きていけないような植物や、動物もいるということです。

本来砂漠であった所まで緑化してしまうと、そういった生態系を壊してしまうことになります。そのバランスが非常に難しいのです。

また乾燥した土地でしか育てることができない作物などもありますし、そういった所で頑張って生活してきた先住民たちの生活などもあります。そういった全体的なバランスも見つつ進めていかなければならないので非常にデリケートな問題でもあります。

砂漠緑化技術で乾燥地域を救おう

世界の乾燥地帯は陸地面積の約41パーセントを占めており、乾燥地帯の10から20パーセントは気候変動や人間活動によって土地が劣化しています。

その原因は、人為的要因と気候的要因が複雑に関係しています。砂漠緑化をするための主な技術として、植物を安全に育てるための植栽技術・砂防、水を有効活用するための水監理技術、灌漑被害で起こり得る、塩害を防止するための土壌管理技術、乾燥している環境に強い植物の育成技術があります。

また、砂漠の状態をチェックするリモートセンシングという技術も必要なものです。砂漠緑化では、さまざまな技術を組み合わせて取り組んでいく必要があります。

砂漠緑化の活動に参加

世界各国では砂漠化が進み、深刻になっている地域がいくつもあります。そのような地域に対して緑を育て、砂漠化を防止するプロジェクトがいくつもあります。

そのようなプロジェクトが行っている事は砂漠緑化と言われていて、その開発が進められている段階であります。日本においても参加している企業は多数あり、世界中の企業とタッグをむすび多くの研究者を送り出しています。

このような取り組みに興味を持っている人もいることでしょう。ボランティアで参加している人もいますので、チャレンジしてみるといい経験が得られるかも知れません。

公園施設事業、砂漠緑化事業、植木生産事業について。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化に関連する記事

環境問題につながる砂漠緑化活動について。

メニュー

単身引越しプロフェッショナルHOME マンション・アパート 引越し  スクラバー 砂漠緑化 有害ガス対策スクラバー 環境対策 砂漠緑化の対策

単身引越しプロフェッショナル〜達人になるための引越し単身プラン!〜では、リサイクルショップの不用品買取についてや、スクラバーや砂漠緑化などの環境に配慮したコンテンツをご紹介しています。サイト運営情報についてはこちら

大阪や兵庫、奈良、京都など広い地域に対応した不用品出張買取サービスが便利です。スクラバーのカタログや資料は大阪のメーカーへお問い合わせください。