TOP > 砂漠緑化

砂漠緑化

砂漠緑化はどうやって行うのか

砂漠緑化を行う工事は、緑化をする範囲を測定し分割していきます。ラクダ等の家畜や、野生動物による食害から樹木を守る為、各ブロックに有刺鉄線やフェンスなどを取り付けて、守るようにしています。

緑化する範囲全体に水が行き渡るように井戸を掘り、地下水をくみ上げます。水を撒けるように配管工事を行い基盤の完成です。

基盤ができれば、その地域の土壌にあった苗木を選定し植えていきます。植えることができたら、しっかりと水を撒く事ができるのか実験をして、現地の人に知識を伝えていきます。こうすることで、数年後には砂漠緑化が完成します。

砂漠緑化へいろいろな対策をとっています

砂漠緑化の為に、最先端の技術を結集させています。植物を根付かせる為に、砂防、植栽技術を駆使していたり、雨が降らない砂漠の中で生育する為に水が自動でかけられるように、井戸を掘っていたりしています。

乾燥などのストレスに強い植物を探して、植えています。植物も土地によって向き不向きがありますので、技術を駆使し、各地の砂漠に適した植物を植えています。

いろいろな最先端な技術を駆使しながら少しずつではありますが、砂漠緑化に向けて活動を行っています。日本が中心となっているプロジェクトチームは数多くの砂漠を緑化しています。

砂漠緑化は長期的な視野が必要

かつて緑があふれていた土地に木が生えなくなり砂漠化してしまうと、温暖化や地域の産業にも影響を与えることがあります。世界の砂漠化した地域や国で、砂漠緑化活動をおこなっている企業や団体があります。

現地に出向き、木を植えますが、単に植えるだけでは緑化にはなりません。根が張りやすいように、砂地に藁などを埋めてから植林します。植えた後は、水やり、追肥といったケアが必要です。

現地では、活動の意義を地域の人に説明し、理解してもらう努力も大切です。長期的な視野に立って、行動していくことで活動の成功が見えてくるでしょう。

砂漠緑化の方法と問題点

砂漠緑化には様々なメリットとデメリットがあります。メリットとしては豊かな生態系が復活したり、保水力の向上から海面水位上昇をいくらか低減できる可能性があったり、過激な温度変化や低湿度、豪雨といった気候から比較的平準な機構になることで、砂漠だけでなく近郊の天候も安定することが考えられます。

また砂漠緑化により二酸化炭素の固定化が進んで二酸化炭素濃度を低下させるだけでなく、濃厚化農地が拡大することで食糧増産が見込まれます。

デメリットとしては砂漠に存在している希少な生態系が破壊されてしまうことなどが考えられます。

公園施設事業、砂漠緑化事業、植木生産事業について。
株式会社タイキ http://www.osa-taiki.co.jp/
大阪府大阪市天王寺区寺田町1丁目1番2号

砂漠緑化に関連する記事

環境問題につながる砂漠緑化活動について。

メニュー

単身引越しプロフェッショナルHOME マンション・アパート 引越し  スクラバー 砂漠緑化 有害ガス対策スクラバー 環境対策 砂漠緑化の対策

単身引越しプロフェッショナル〜達人になるための引越し単身プラン!〜では、リサイクルショップの不用品買取についてや、スクラバーや砂漠緑化などの環境に配慮したコンテンツをご紹介しています。サイト運営情報についてはこちら

大阪や兵庫、奈良、京都など広い地域に対応した不用品出張買取サービスが便利です。スクラバーのカタログや資料は大阪のメーカーへお問い合わせください。