注目されるスクラバーの機能

注目されるスクラバーの機能

多くの工場に設置されている設備にスクラバーがあります。この装置は周囲に有害な物質を放出しないように洗浄をおこなっていく為のものになります。

工場や研究室などにおいては、製造をおこなっていく過程で、有害な物質を含んでいるガスを発生してしまう可能性があるからです。この有害物質を処理せずに周囲に放出することで、大気の汚染をしてしまうことになります。そのようなリスクを未然に防いでいくために、スクラバーを使用して有害な気体を洗浄していきます。その他にも臭いや二酸化炭素濃度などを軽減させる仕様のものがあります。

数多くのタイプに分けられるスクラバー

工場運営や化学分野における実験、分析などが行われる中で、酸やアルカリなどの有害な物質を多く含む排気ガスが大量に排出されることもあり、環境問題への対策に注力されている企業団体も多いものです。

排気ガスの洗浄装置として広く活用されているスクラバーは、使用目的や設置環境によって使い分けが可能な装置でもあり、様々な製品が製造されています。排気風によって汚染された空気が集められ、水やや受け機などによって洗浄されます。

持ち運びが可能なタイプの物や、省エネが期待できる物も取り入れられている他、排気ガスの排出量などによっても分けられます。

比較的リーズナブルなスクラバー

スクラバーを設置していくうえで、予算は重要なポイントになってくるでしょう。企業においてはできる限り、コストを抑えたいと思うのが正直なところでしょう。

導入する際には予算が気になることも多いでしょう。スクラバーの予算を考える場合には、ランニングコストについても考えていかなければなりません。

このコストについては、毎月発生される可能性が高いですので、メーカー側にどの程度かかるのか見積もりを出してもらった方がいいでしょう。維持費についてしっかりと考えておくことが、導入時におけるポイントになってくるでしょう。

スクラバーは吸い込む機能が強い

かなり吸い込む機能を多く持っているので、悪い空気をスクラバーは一気に綺麗にしてくれます。

多くの工場で導入されているのは、悪い空気が排出されることで、多くの方に迷惑をかけたくないと考えているからです。スクラバーを使っていれば、それはある程度防げるようになり、綺麗な状態を続けられる良さを持っています。

問題なく使っていれば、綺麗な空気が正常に出てきます。吸い込む機能に問題が起きていると、吸い込む機能が作動しないため、汚れた空気がそのまま出てきてしまいます。かなり綺麗な状態を作るためにも、定期点検は欠かせません。

スクラバーを海外へもっていきたい!

日本のスクラバーは優秀ですので、海外に送付しているような代理店も非常に多いです。今まで海外へ輸出したことがないメーカーでも、送付することができるのでしょうか?

通関業者とだけ契約を結んでしまえばそこまで難しいことではありません。まず通関業者の選定ですが、実は業者さんによってやってくれる範囲や、金額が大きくことなってきますし、得意な国や、あまりやったことがない国というものがあります。

1社だけを見て決めるのはもったいないので、これを機会に何社かから見積もりをとってみることをお勧めします。その際にこういった貨物を出したいといえば必要な書類なども教えてくれます。

スクラバーに関連する記事